FC2ブログ

大人だけど子どもの日に想う

今日はお天気が良く気持ちのよい
子どもの日でした。

我が家は子ナシですので
昨日実家の母からもらった柏餅を食べ
夫婦ともに大喜びという有様です……

子どもの日だったので
大人になりきれない
”オトナコドモ”について考えてみました。

もちろん私のことです。

私がどのように子どもかといえば
まずは「感情が顔にでる」ということです。
これはうちの旦那さんも同じでして
自分のことを棚に上げて
旦那さんにはよく注意しています。
「おい!お前さん、それは露骨だろっっ!」と。
でも実際は私のほうがひどいです。
私の場合「顔に出る」だけでなく
「口からも出る」のでどうしようもありませんね。

しかし不満を表現することは
誰にとっても何のメリットもなく、
かろうじてわがままや要望が通っても
それは後味の悪いもので、
決してwin×winなものではありません。
大人な誰かがなんとかしてくれただけで
感情を露骨にした人の評価は下がるのみ。
とにかく良いことなんてありません。
このことをきちんと理解している人は
感情を爆発させる前に
きちんと踏みとどまることができます。

これこそ私の目指している大人像です(笑

そしてもう一つ、私の克服したい子どもな点は
「不器用さ」です。
年齢を重ねているのに「不器用」が許されるのは
某俳優くらいですよね。

特に仕事において
自分の「やっていること」と「やりたいこと」
そしてクライアントやお客様から「求められていること」に
ギャップがあることに十分気づいているのに
それを埋め合わせるだけの器用さ、能力、キャパシティが
私には圧倒的に欠けています。

「ジブン、不器用ですから……」
それでは済まされないのがフリーランスの厳しさであり
私が乗り越えるべき高過ぎる壁ともいえます。

しかしプロフェッショナルとして
ニーズに応える、ただ応えるだけでなく
自分のやりたいことと折り合いをつけるスキルは
絶対的に必要だと思っています。

そんなことを考えた子どもの日なのでした。
スポンサーサイト



テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

Secre

自己紹介

都内在住。既婚。
フリーライター
美容、健康、医療関係の取材、
ライティング。
ヨガサークルを企画しています。
<ヨガ>
☆町屋ヨガ部☆
毎週水曜20時~
毎週月曜11時~
各70分程度
1回1500円
どなたでもご参加頂けます。

場所や詳細はお問い合わせいただいた方に直接ご連絡いたします。
メンバー制です。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ご連絡やお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
CalendArchive
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード