FC2ブログ

コーチの重要性③(最終)

別にヨガの世界でなくても
習い事や職場、人生において、
同じ問題を抱えている人は
意外に多いのではないだろうか?

師、コーチ、メンターがいない……
自分を後一歩前進させるために
そういう存在が必要なのは理解しているけど……
どうもね……という感じ。

私はこう考えることにした……
「目に映るすべてのものがメッセージbyユーミン」

そう、世界が師でコーチでメンターだと!
規模が大き過ぎるが、
一人の師にコミットできないなら
世界にコミットするしかないのではないか。

小さな子どもからも、
その辺の野良ネコからも学ぶことはある(よく観察すると)。

なんでもまずは自分で考えてやってみたい、
その道にどっぷりはまるより、日常も大事にしたい、
そういうワガママな私は
メンターと会っていても逃していたのだと思う。
まずそこに反省……。

じゃあ、すべてが学びと思って自分で考え続けるしかない。
師やコーチがいないことでのデメリットは
「遠回り」だけれど
「自分で考える力がつく」というメリットは一応ある。

師やコーチにコミットできる人は素晴らしいし
ラッキーであることに間違いがないが
「知らず知らずのうちに甘えてしまう」「頼ってしまう」
というデメリットもある。
コーチを失い、心のバランスを崩した安藤選手はまさにそう。
「頼れるのは自分だけ」そういう強さがまだ育ってなかった。

モロゾフコーチは彼女を、
自分がいなくても自立できるところまで指導すべきだった。
荒川静香選手のように。

ちなみに良い師、コーチ、メンターとは……。
・自分のキャリアパスの参考になる
・成功のイメージを具体的に見せてくれる
・キーパーソンを紹介してくれる
・有益な情報を与え導く
・その分野での収入のチャンスを与える
・周囲の攻撃や誘惑から守ってくれる
・自分に良い影響を与え続ける
・その道における姿勢や哲学、考え方を教える
・その道の楽しさを教える
・人としての生き方まで教える

ざっとこんな感じだろうか。。。

師がいてもメリット・デメリットがあるように
いなくてもメリット・デメリットがある。
やっぱり世界は陰陽で、バランスなのだ。
私はいない場合のメリットを活かせばいいだけなのだ。

安藤選手の出来事からここまで考えた私は
ユーミンの精神が実行できたといえるかなw
スポンサーサイト



テーマ : **暮らしを楽しむ**
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

Secre

自己紹介

都内在住。既婚。
フリーライター
美容、健康、医療関係の取材、
ライティング。
ヨガサークルを企画しています。
<ヨガ>
☆町屋ヨガ部☆
毎週水曜20時~
毎週月曜11時~
各70分程度
1回1500円
どなたでもご参加頂けます。

場所や詳細はお問い合わせいただいた方に直接ご連絡いたします。
メンバー制です。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ご連絡やお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
CalendArchive
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード