FC2ブログ

春との旅

153225_1.jpg

予告で気になっていた作品、ようやく観賞。
仲代達矢の演技力は言うまでもなく素晴らしく、
そのリアリティにぞっとさせられるほど。
でもジャン・レノの如く渋い。

老いがテーマの作品かと思っていたら、
人間の孤独がデーマだった。

若かろうが老いていようが
人はどうしようもない現実にぶつかり、
自分がどれほど惨めで孤独な存在なのかを
知らなければならない時がある。
しかしそれは人間の宿命であり、
自分だけに起こる特別なことではない。
だから私たちは凝りもせずに
寄り添えたり
手を差し伸べられる相手を求め続ける。

血の繋がる家族にこそ
甘えたり手を差し伸べたりできればよいのだが
実は家族が一番遠かったりする。
家族だからこそ人は頑なにもなる。

祖父が甘えられるのが孫だけ、
孫が甘えられるのも祖父だけ、
という関係はある意味ちょうどいいところにいる家族だから。
これが実の親子ならこうはならない。

遠くの兄弟よりも
今は関係のない元婿とその嫁に
つかの間の安らぎを感じるシーンに救われた。

年末の映画賞で再び話題になる作品ではないだろうか。
スポンサーサイト



テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

Secre

自己紹介

都内在住。既婚。
フリーライター
美容、健康、医療関係の取材、
ライティング。
ヨガサークルを企画しています。
<ヨガ>
☆町屋ヨガ部☆
毎週水曜20時~
毎週月曜11時~
各70分程度
1回1500円
どなたでもご参加頂けます。

場所や詳細はお問い合わせいただいた方に直接ご連絡いたします。
メンバー制です。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ご連絡やお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
CalendArchive
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード