スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

newborn photo

パパがカメラを新調し
我が家の専属カメラマンになってくれていますが
仕上がりに厳しい私からのダメだしも相当……
かわいそうなパパ……

でもプロのカメラマンのどこがすごいかって
その場の「空気」まで撮っちゃうことなんです。

例えばカップルを撮影した場合
その二人がどれくらい幸せかまで伝わってきちゃうのが
プロの技だと思っています。
ただの記念撮影やスナップショットとはやっぱり違うんです。

ベビーとの暮らしは「慣れない」の連続で
すべてにとにかく手間がかかるので
「もう!!!早く大きくならないかな!」なんて思うのですが
どこかで楽しめるようになったのは
いわゆる「新生児」といわれる期間が
たった28日しかない、ということを知ってから。

え?そんな短いの?つまりうちのベビーは
今日で新生児期が終わりなんです。
なんて貴重な28日間なのでしょう。

この新生児の期間にできるだけ写真を残しておきたくて
プロのカメラマンを自宅に呼んで撮影会をしてもらいました。
(この私がまさかの親ばか……)

これをニューボーンフォトというのですが
できるだけ生後3週間以内に撮るべきなんです。
というのもそれを超すと

・体に筋肉がつきはじめる
・日中の睡眠時間が短くなる
・刺激で目を覚ましやすくなる

と、ベビーはすごいスピードで成長してしまい
ふにゃっとした新生児独特の写真は
もう撮れなくなってしまうのです……き、貴重……

私にはプロのカメラマンの知り合いが多いので
どなたかに撮影を依頼しようと思いましたが
ニューボーンフォトはそれを専用としているカメラマンでないと難しい。

まずベビーをあやすテクニックが必須だし
大人の撮影や料理の撮影より「ほんの一瞬」を切り取らないといけない。

そこで今回依頼したのが
Tipistaさん。
2名で自宅に来てくれて
「あやし」と「撮影」を同時進行でやってくれちゃいます。
ベビーやキッズの撮影を専門にしているので
これからお誕生日などのイベントにも
撮影にきてもらう予定です。

ちなみに私がiPhoneで撮ったオフショットはこんな感じ……
IMG_3430_convert_20160331060839.jpg

ご、ごめん有吾君……
ミルク飲ませ過ぎてお腹が出てるね……
新生児期なのに、ずいぶん逞しいね……
なんか、強うそうでママもう負けそう……

ちなみに画像は1週間くらいで送られてくるそう。
楽しみです。


スポンサーサイト

桜が教えてくれること

今年の桜がはじまった。
貴重な時間。
大切な時間。

FullSizeRender_convert_20160331060250.jpg

桜はいつも時間の大切さを教えてくれる。
時間が有限だという事は知っているけれど
最近はそれを一日に何度も感じる。

make me smile♡

ベビーはだいたい生後2ヶ月経たないと
笑わないといわれています。
でも最近、ほんの一瞬ですが
寝ている時に「ニヤリ」とすることがあり
これは単なる筋肉の反射運動のようですが
海外では「エンジェルスマイル」と呼びます。

偶然エンジェルスマイルを目撃するたびに
ベビーも笑顔になるための練習を
ちゃんと頑張っているんだな〜と
なんだか感心してしまいます。
そして大人だってちゃんと笑顔の練習をしないと
と思うのです。

それにしても
ベビーは私に毎日いろんなことを教えてくれて
なんというか……私の先生って感じです……

写真を撮られるのが苦手
第一印象がイマイチ
人から誤解されやすいといった傾向があるなら
とにかく笑顔の練習あるのみです。
赤ちゃんだって練習しているのだから
大人だって練習しなければ。

去年は徹底して姿勢を改善しましたが
今年は笑顔を改善しようと決意!

え?今年ももう3ヶ月過ぎてる!!
しかし何事も遅すぎることはありません……

撮影などで思うのですが
モデルさんやタレントさんでも
笑顔を練習していない人はプロではいません。

現場に入る時や撮影がはじまった時、
自分を一番キレイに見せて
周囲の空気を変えてしまうくらいの笑顔を作れるかどうかが
プロと素人の違い。

素人でも素材的にはものすごくキレイな人が多いですが
でもどこかがプロとは違う……
それは笑顔に改善の余地があるからだと感じます。

笑顔でいるだけで健康度もアップするし
とにかくいいことばかり。
姿勢に笑顔をプラスしたいと思います。
IMG_3440_convert_20160331051229.jpg

苦手克服の先にあるもの

誰だって苦手なことは避けたいですよね。

私にとって仕事は得意なこと。
でも育児はまだ苦手なこと。
仕事は頑張れるのに育児は困惑するし
疲労する。

私の苦手。

食べ物…香りの強いものを生で食べること
生活…1人の静寂の時間がないこと
環境…人も物も余裕がないこと
全般…不潔
人…声の大きすぎる人、言葉が汚い人
その他…待つこと

先日大阪からヨガ仲間が来たことは書きましたが、
彼女の今年の課題は「苦手克服」とのこと!

食べられなかったピーマンを我慢して、いやあえて食べる、
向いていないと思っていた営業職に転職する、
寒くて無理と思っていた朝の水シャワーを毎日5分行う、
(これヨガ的に推奨されているんですが、凄い美肌になれるんです)
あえて嫌いな人と話してみる……
とにかく徹底して苦手と向き合うという
「生活のヨガ」を実践しているそう。

その話を聞いた怠け者の私は
「えー、そんなストイックにしたからって、何か得るものあるの?」

彼女
「結局、できないことはないって気付けたよ」


「それはすごいかも!」

彼女
「結局、自分ができないって決めつけてることがどれだけ多いかってことなんだよね」


「そういえば、高校生くらいから私も、
私にできないことは私がやらないことだけ!って豪語してたわw」

彼女
「そやねん。やらないからできないだけやねん。
 人間の可能性って結局無限やねん。
 それは小さい苦手を克服できるとホンマよくわかるんよ」


「じゃ、育児も苦手だけどやってたら得意になるかね?」

彼女
「なるなる。私がピーマン苦手やなくなったからw」

あえて苦手にトライ……
やる価値あるかもしれないなぁ……

産褥期の終わりと産後の体重

産後3週間を産褥期というらしい。
24日(木)で
私は無事に産褥期を終えた。
これを機に日常生活に戻っていいらしい。
あくまで少しづつ。

私の場合、出産後すぐから元に戻っていた感じがある。
分娩台を降りて自分の部屋に戻る時
何も知らず自分で降りて歩いて戻ったのだが
「ちょ、ちょっと!車椅子を使わないの?」
「え?歩けますけど。トイレもいきたいし」
「そんな人あなたくらいよ」と助産師さんに驚かれた。

いやもっと思い出すと、もう出産時からイレギュラーだった。
だから産褥期もそこまで寝ていなかった。

が、しかし。この3週間は
人生で一番大変だったかもしれない。

まずベビー。
この世に遊びにきてわずか21日。
すべてに慣れない。
嬉しいも悲しいも
痛いも暑い寒いも
泣くことしか訴えられない。

人生でベビーに関わったことのない
新米ママはベビーの言葉(泣き)が
まったく理解してあげられない。

それだけではなく失敗も多い!

顔にミルクをがっつりかけてしまったり
オムツ替えでおちん◯んをマジックテープで引っ掻いたり
爪を切ろうとおもったら皮膚を切りそうになったり
沐浴で耳にお湯をいれてしまったり
お顔を洗おうとおもったら鼻にお湯をいれてしまったり
おしっこが私にかかりそうになるのを回避した結果
ベビーの顔方向にとばしてしまったり……
とにかく失敗の連続で……申し訳ない……

そして体。
まずはメンタル。
とにかく悲しい。
赤ちゃんがお腹にもういないこと。
赤ちゃんの言葉がわかってあげられないこと。
自分がまったく別の人間になってしまったような気がすること。
想像以上に母乳がでないこと。
とにかく嬉しい。
赤ちゃんが可愛すぎること。
旦那さんが優しすぎること。

この嬉しいと悲しいの往復がしんどい。

で、肉体。
骨盤はやっぱりぐらつく感じがある。
骨盤底筋(ムーラダーラチャクラ、ムーラバンダの喪失
腹筋の完全喪失(自分の軸がなくなった感じ)
慣れない抱っこによる肩こり!(ヨガをして無縁になっていたのに!)
想像以上の眠さ!
授乳時の姿勢の悪さを認識しつつどうしようもない自分……

そんなこんなしてたら、
産後1gも減らず
むしろ入院中1kg増えた体重が
あっというまに減り
残りあと1kgというところまできている。
(出産直前52kg→産後53kg→現在46kg)

しかしこれは早すぎる。
もう少しゆっくり痩せた方がいいことは
自分が一番よくわかっている。
急激な変化は体に良くない。

一切の食事制限をせず
特別な運動をしない時の
ベスト体重は44kg〜45kg。
がっつりトレーニングして
ボディメイクしている時の
ベスト体重は42kg、と決めている。

この3週間、ほぼ運動はしていないし
歩いてもいないけれど
メンタルのアップダウンと
睡眠不足だけでこんなに痩せるとは!

恐るべし産褥期。

ヨガ部再開

ヨガ部を再開。
やっぱり私のホーム♡
こちらが元気もらえて癒やされます。

もはや私がいなくても
生徒さん同士和気あいあい。

もちろん新規の方もウエルカムです♡

4月になると新しいことを始めたい人も多いはず
もしヨガを始めたいと思っているのであれば
ぜひ町屋ヨガ部にも遊びにいらしてください。

入会金なし、その都度払い、当日予約可能
(マット持参の場合は当日予約不要)と、
極力ストレスなく通える場所を提供しています。

ヨガを続けて得られる恩恵は計り知れません。
キレイになりたい、幸せになりたい、
疲れをとりたい、リラックスしたい……
全部ヨガがなんとかしてくれちゃいますよ。

IMG_3368_convert_20160325084150.jpg

バラマキ……

IMG_3367_convert_20160325083007.jpg

自分が60代以降になったとき
このままの考えで日本が進むのなら
世の中の状況は確実にいまより
厳しくなっていると推測する。

かといって。

わずかなお金を
喉から手が出るほど欲しいと思う
そんな高齢者にはなりたくない。

未来は「今」の積み重ねでできている。
「今」に満足していない人は
心当たりのある過去の時間をすごしてきたはず。

かといって過去は変えられない。
今をどう過ごすか。
未来に投資し
過去に感謝するような「今」の過ごし方が大切。

失って気づくこと(根っこチャクラの喪失)

ベルギーでも……
昨日から悲しいニュースです

ところで。

アーユルヴェーダのあるテキストに
こんな感じのことが書いてありました

男性は体をケアするのが苦手
女性は心をケアするのが苦手

あぁ。わかります……。

基本ヨガでは心と体を区別せず
同じものと考えます。
体は心を表し心は体を表す。
どっちのケアもできちゃうヨガは
やっぱり素晴らしい。

そして。

最近ムーラダーラチャクラ(第一チャクラ)の
安定がいかに重要かを感じています。

第一チャクラはルートチャクラともいわれ
根っこ、つまり自分の根源となる部分です。

ここが不安定だと精神面では……
両親や友人との関係が不安定になりやすい
転職しやすい
お金を失いやすい
人疲れする
不安感、うつ症状
といった日常のトラブルが増えるだけでなく

肉体的には……
疲れが取れない
坐骨神経痛や腰痛
尿漏れなどのトラブル
性器の病気や性病
などか起こりやすくなるともいわれます。

ヨガの時はこのチャクラを
意識していましたが(会陰を締めて~の時)
そこが安定していることのありがたさには
これまではさほど気づきませんでした…

しかし出産により
ルートチャクラが完全に破壊された私!!

転職と性病以外のすべてが
私に起こりました>_<
働き方が変わったので
それもルートチャクラの喪失と関係してるかも。

つ、辛い……

ルートチャクラを感じながら
アサナを練習することが一番良いのですが
産後はそうもいかないので
赤い色を会陰部に意識して
充電されていくイメージの瞑想と呼吸法で
復活を試みています。
そしてここ数日、確実によくなってる!!

別に出産にされていない方でも
上記のような症状が気になる方で
チャクラを意識したアサナができない方も
ぜひ赤い色を会陰部辺りにイメージする
呼吸法を試してみてください。

根っこが強くなり、
大地に根を下ろすような感覚が戻ってくれば
さまざま不快から解放されやすくなります。

会陰部に力を入れる
締める感覚がわからない、
という人は要注意です。

仕事復帰♡

毎年恒例の健康博覧会@ビックサイト。
IMG_3252_convert_20160321104753.jpg

今年も楽しみにしていて
17日(木)に無事に取材に行くことができました。

産後14日目での仕事復帰。

主人の心配や両親の心配もありましたし
この記事を読んでいる人からも賛否両論あると思います。

批判は受け止めますが
・有言実行だね
・さすがだね
・待ってました〜
というお声もいただけて、
褒められたくて仕事をしているわけではないけれど
やっぱりそう言ってもらえた方が嬉しいです。

もちろん私自身もどうなの?と不安でした……

でも妊娠中から行くと決めていた仕事だったので……
(出産日がもう少し早くなると考えていたのです)

当日は不調を感じれば休める手はずもとっていましたが
おそらく仕事に行きたい気持ちがそうはさせなかった。

好きなことを仕事にしているというのは
そういうことだと思います。

自然に体が動く。

これは本当に幸せなことだと思います。
仕事が全く苦痛ではないし
むしろ自分の好きなことなので
自然にできてしまう、やりたくなってしまうのです。
本当に無理なんてしていないんです。
「仕事」というより「好きな事」なので
やらずにはいられない、ゼロになんてできません。

例えば、愛犬がいる家庭に赤ちゃんがやってきて
だからといってそのワンちゃんのお世話をやめるでしょうか?
両方育てるのが当然ではないでしょうか。
私にとって仕事は愛犬のようなものです。
(この例え、わかりにくい?)

他の人からは「子育てを一番に」と言われますが
そんなのは当然です。
でも24時間べったり子どもと一緒にいることが
子育てをちゃんとやっていることとイコールにはなりません。

当然これまでの1/5くらいの仕事量にペースダウンしていますので
ほぼ24時時間赤ちゃんといますが
赤ちゃんも寝るし、おっぱいを飲みたくないときもあるし
ほっといて欲しいというサインを出していることもあります。
赤ちゃんは一人ではなにもできない命の塊ですが
それでも一人の人間で、私とは別の人なのです。

私が仕事に行く間、誰がベビーを見てくれているのか?!
生後三ヶ月まで一時保育も保育園も無理ですから……

それは……

もちろんスーパーイクメンの主人(平日休み可能)。
私が世界で最も信頼している人ですから
安心しておまかせできます。

yoga部もそろそろ復活します。
詳細はトップ記事をご覧下さい。
体型が戻せていないのが気になりますが(汗
妊娠中もそうだったように
等身大の私でやりたいと思いますので
どうぞよろしくお願いします!

ヨギーニたちのデート。

2011年の夏、
香港最大のヨガスタジオPure Yogaで開催された
世界的ヨガ指導者の一人
マスター・スダカーのトレーニングを受講するため
私は1ヶ月香港に滞在していました。

その時、苦楽を共にした3人の日本人。
なぜか3人とも関西人で、関東からの参加は私だけ……
そのうちの1人はヨガをしていないようで連絡がとれませんが
残りの2名とはいまもとっても仲良しで
距離はありますがヨガのクラスやプライベートでも
定期的に会うようにしています。

今回そのうちの一人、Nちゃんが
東京でクラスを受講するし
ベビーにも会いたいと連絡をくれました。
しかし私もベビーもまだ外にでるのが制限されていますし
とにかく授乳のタイミングなど制限が多いので
今回は難しいのでは?と諦めていました。

がしかし!
私が自由になる時間があるのです。

そう、朝の4時〜7時。
ベビーのお目覚めと最初の授乳は7時。
私は夜中の授乳のため
もとから6時頃にはおきていましたが
もはや4時起きが定番。

そんな話しをしていたら、
なんとホテルから始発で来てくれるというじゃないですか!
もちろん彼女もヨギーですから早起きさん。

朝5時半に駅近のファミレスで落ちあい
6時半までヨガ談義。
7時前に一緒に我が家に戻り
ベビーとご対面!

いや〜、やろうと思えばなんでもできるんだね、と
二人で盛り上がりました。
まさに生きるヨガ。

できないと決めつけないで、やってみる。
3連休の学びでしたw

早朝デートご希望のかたいらっしゃったら
受け付けていますよ〜。

IMG_3336_convert_20160321151557.jpg
自己紹介

都内在住。既婚。
フリーライター
美容、健康、医療関係の取材、
ライティング。
ヨガサークルを企画しています。
<ヨガ>
☆町屋ヨガ部☆
毎週水曜20時~
毎週月曜11時~
各70分程度
1回1500円
どなたでもご参加頂けます。

場所や詳細はお問い合わせいただいた方に直接ご連絡いたします。
メンバー制です。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ご連絡やお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
CalendArchive
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。