FC2ブログ

江ノ島

p_rousen.jpg

今回のショートトリップでは
前から気なっていた「えのスパ」にも。

江ノ島は私にとってものすごいパワースポット。
その地下1500メートルから湧き出る温泉はどんなものか。
とっても楽しみにしていた。

天然温泉「富士見の湯」は
アルカリ性で温まりが早く
数分で汗だく、デトックス効果抜群。
併設されたぬるめの「炭酸泉」で
シュワシュワの泡に包まれ、
毛穴からもデトックス。

水着ゾーンは海と一体になった開放感!
スパ後のビールはマックス最高です。

CIMG1924_convert_20120612141159.jpg

CIMG1926_convert_20120612141646.jpg

スポンサーサイト

テーマ : **暮らしを楽しむ**
ジャンル : ライフ

紫陽花と花言葉

写真_convert_20120611221245

週末は旦那さんと毎年恒例の鎌倉へ
紫陽花と海を見にショートトリップ。

紫陽花の花言葉を調べてみたら
こんな素敵なテキストにヒット。

~下記抜粋~
花ことばは、”高慢”です。
梅雨のころ、しめやかな雨に濡れて咲いているこの花に、
どうしてこんな花ことばがついていたのか、わたくしにはわかりません。
あじさいは、咲きはじめから、満々と咲ききってしまうまでに、
少しずつ色を変えていきます。
また咲ききった後、花びらを散らしもせず、
色を失ってしまうまでじっと何かに耐えているようです。
そんな姿に、少女から娘に、娘から女に、女から母に、
母から白髪のおばあさんにと、ひとつの時代を生きる女の姿を重ねてみるのです。

(「花ことば物語」(鈴木美智子 カラーブックス 保育社)より)

色を変える紫陽花。
だから「移り気」とか「冷淡」、「高慢」
といったちょっとネガティブな印象の
花言葉が多いよう。
でもたくさんの花が集まる様子から
「一家団欒」
「家族の絆」という良いイメージの花言葉もある。

そしてフランスでは「辛抱強い愛情」「ひたむき」
という花言葉で知られるそう。
さすがアムール(愛)の国フランス。
鈴木さんのエッセイの感覚に近く、
やっぱり紫陽花が女性に人気なのがわかる。

テーマ : **暮らしを楽しむ**
ジャンル : ライフ

自己紹介

都内在住。既婚。
フリーライター
美容、健康、医療関係の取材、
ライティング。
ヨガサークルを企画しています。
<ヨガ>
☆町屋ヨガ部☆
毎週水曜20時~
毎週月曜11時~
各70分程度
1回1500円
どなたでもご参加頂けます。

場所や詳細はお問い合わせいただいた方に直接ご連絡いたします。
メンバー制です。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ご連絡やお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
CalendArchive
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード