より少なく、でもより良く!

エッセンシャル思考の中で
いくつか響いた文章があったので
自分メモ。

「できる」せいで「やらなくては」が増えるとストレスになる。

これはものすごい実感する。

気合いを入れてご飯やお弁当を作ること
少し過剰かもしれないけどオーダーされたから仕事を受けること
隙間時間で掃除をしたりネットで買い物を済まそうとすること
きになることを調べること

こういうちょっとした「できる」が重なり
そのまま「todo」になって
余白の時間がなくなって
メインでやるべきことが後回しになったり
疲れたりチグハグになったり。

「できる」は決して「やらなければ」とイコールではないし
「できる」は決して「必ずすべきこと」でもない。

必ずすべきこと以外はそぎ落とす。

より少なく、でもより良く!
スポンサーサイト

年間の旅費(レジャー費)の計算

結婚してもうすぐ8年。
出会って13年(長い!!)。

二人とも仕事しているし
長く子どもがいない生活をしていたので
これまですごく自由にしょっちゅう旅行をして
そのお金が年間いくらくらいなのか
全く考えずに使っていた(汗

とはいえそこまで贅沢をしていたつもりもないし
忙しくて長期の休みは取れず(取らず)
海外にもほとんど行っていないから
ざっと振り返っても
年間で70万くらいだろうか。
(夏の旅行に30〜40万、年末年始に10万はかけていた)

去年は産後間も無く
旅行は大きいところで宮古島くらい。
年末の旅行もなかった(そのあと1月中旬に振り替えで行ったけど)。

でも今年からまた色々復活させようと考えていて
久しぶりの海外!と思って色々調べたけれど
やっぱりテロが気になるのと
トランプになってからどうもアメリカは入国が面倒なニュースが多いのと
日本が一番行きたいところが多いのとで無理せず国内に決定。

7月末に北海道。
9月末に奄美大島(いずれも予約済み)。

この2本をメインに
秋に那須、そして年末年始、で今計画中。

これからも家族の中で
「旅行」はすごく大事な時間で
コストをかけたいところだと思うから
予算を組もうと思うようになった。

家族旅行費を必要経費と決めて
(誰になんと言われようと節約&ケチケチするつもりなし!)
最初から予算を組んでおいた方が無駄遣いしないし
計画も立てやすいからそうしたいだけ。

100万/年だと海外も当然視野に入る。
とはいえ貯金もしっかりしたいから
やっぱり70万くらいが平均(相場)なのだろうか。

相場が知りたくてググる。
総務省の発表だと10万/年(嘘でしょ)。
知恵袋だと100万〜160万とかも出てくる。

参考にならないな。

価値観の問題だろうな。

私たちの場合、高級車を持つ予定はないし
今より高いところに住み替えしたいというアイディアもない。
生活はあくまでシンプルかつミニマムで。
でもイベントや心を豊かにする
学び、読書、映画、旅行、食事には
お金をかけたいと思っているし
そのために働いていると言ってもいいくらい。

自分たちにピッタリの年間レジャー費の計算は難しいけれど
自分たちにピッタリの旅や暮らしができるように
仕事もそれ以外もしっかり頑張ろうと思う。
健康じゃないと旅も楽しめないしね。

エリックカール展!

息子とパパと行ってきました
エリックカール展!

うっとりするイラストと
若冲を思わせるカラフルな色彩

何度読んでも感動や発見のある
かわいいストーリー

さりげなく知育になるのも◎

子育てで楽しいことの一つが
息子と一緒に絵本を読めること♡

世界が楽しいものだらけだと改めて気づきます。

母になってる気がする、多分。

気づけば6月に突入です。
子育てしています。
仕事しています。

ブログの更新が滞っていますが
見てくれる人がいて嬉しいです。

ヨガ部はちゃんと継続していますし
ライティングの仕事も
ぶっちゃけ産前より忙しいくらいです(汗。
感謝感謝!

そしてこんな幸せで感謝しかない毎日を送らせてもらっているのに
愚か者の私は時々思うことがあります。

「思いっきりヨガをしたい」
「ヨガだけをしていたい」
「一人でヨガ旅に出たい」

このヨガ(⇧)はアサナ(ポーズ)や
著名な先生のクラスに出ることを指しています。

本当は24時間ヨガ的に生きれば良いのです。

それをわかっていても、外に求めてしまう私がまだいます。

憧れの先生のクラスやイベント
海外リトリートにばんばん参加できる自由なヨギーニが
ちょっと羨ましく思えることも正直あります。

私はいわゆる「母親」のカテゴリーから見れば
かなり自由で、著名人だったら炎上するレベルだと思いますが
それでも私のなかでは最大限子育てを優先しているし
しかもそれは嫌々ではなく
自ら望んでそうしているので不満もそんなにありません。

が。しかし。

体は一つで時間は1日24時間。
ある程度制限や制約があるのは当然です。

でも最近自分にこう言い聞かせています。

「自由な人生も素敵だけど
 きっと誰かに必要とされている人生も素晴らしい」と。

「自分の時間を犠牲にしていると思わずに
 人に必要とされている時間をもっと愛せるように」と。

つくづく母っぽくなってきたと思います。自画自賛。

いってらっしゃい

ようやく息子が保育園に連続で通っている。

通常7時15〜6時15分まで預けられるけれど
私はフリーランスで
仕事の時間調整は
自分のタイミングでできることも多いから
9時〜17時までの短めでお願いしている。

保育園に入れてよかったなぁと思うことはたくさんあるけれど
特に嬉しいのが
息子を送った後
先生方が「いってらっしゃい」と
笑顔で私を送り出してくれること。

あの「いってらっしゃい」で
「仕事に行っていいんだ、仕事を頑張ろう」という
強い気持ちがむくむく湧いてくる。

産後、仕事をすることが許されていないように
勝手にそう周囲の反応を受け止めていた部分もあったから
この「肯定感満載のいってらっしゃい」が嬉しい。

そういう言葉ってあると思う。
大好きなシッターさんはいつも
「おまかせください!」と言ってくれるので
安心して任せられる。

家の中ではだいたい一番最後に家を出るのが私だから
実家を出てから「いってらっしゃい」を
いってもらえることが少なくて
その言葉の力をすっかり忘れていたけど
大切な言葉だと思う。

もちろん気持ちがこもっていることが大事。
気持ちのこもっていない「いってらっしゃい」なら
言ってほしくない。それくらい全然違う。

今はまだ余裕がなくて
人に元気の出る言葉を
与えられなくなっている私だけれど
こやっていろんな人から力をもらっている。

今日もお迎えに行ったら
「お帰りなさい」を言ってもらえるはず。

今から楽しみ。だから頑張れる。


無駄遣い、特に時間の無駄を減らしたい。

去年は出産をしたため
金銭感覚が完全に崩壊した。
おそらく人生で1回のことだからと
まずは産院をゴージャスにしたり
マタニティフォトやマタニティ旅行なんかに
お金をかけたりすることから始まった。

オムツとかミルクとか
可愛いベビー服とか絵本とか
そういったものは
惜しむことなくどんどん買って
ほとんど使わなかったベビー服やおもちゃや
ベビーグッズも
「うちの子には合わない」と
納得することも大事で
買わずにはいられなかったものも結構ある。

節約ママとか専業ママの話を聞いていると
オムツもまとめ買いが安いとか
1枚当たりのコストはどこのブランドが安いとか
Mサイズの方がLサイズより安いとか
洋服の交換会とかフリマとか
いろんな苦労や工夫の話を聞いたけれど
一切興味が持てず
(というか忙しすぎてそこに時間がかけられなかった)
おそらく普通の大人1人が
余裕で東京のそこそこ良いマンションで
一人暮らしできるくらいのコストを
毎月息子一人にかけていた(シッター代なんかも含む)。

息子との移動の時は
電車の中のベビーカー問題などが面倒すぎて
タクシーにもバンバン乗っていた。

自分でもどこからお金を回していたのか、と不思議になる。
とにかく40年の人生で一番考えずにお金を使った1年だった。

言えることは「なんとかした」ということ。
そして働いていて良かった。ということ。

この1〜2年お金にすごく無頓着でいるしかなかったが
それは本当の私ではなく、本来は無駄遣いが大嫌い。
そろそろ倹約しなければと思う。
無駄に使う必要はない。

そう強く思ったのは、先日、1万円をなくしたから。

お財布に入れてから(そういう風に記憶している)
わずか12時間後(そのうち6時間は睡眠)に
1万円が財布から消えていた。

翌日のために3万円財布に入れて
翌朝使う場面で財布を開いたら2万円しかない。

なんで?

今も分からないまま。

最初から、財布に3万円入れていなかったのかもしれない。
1万円札を手で「1、2、3」と数えたわけじゃないから
記憶も曖昧だ。

問題はこの記憶の曖昧さ。

なぜか。理由はわかっている。マルチタスクだから。

私は何かしながらいつも他のことを考えている(特に息子のこと)。
このせいで本当にしなくて良いミスが増えた。
だからこうやってロスが増える。

1万円で済んで良かったと思うしかない。

いくら息子が好きでも
頭の構造上、マルチタスクは無理だ。

そして今、旦那さんのことを完全に切り離している。

お弁当作りをやめ、夜の晩酌に付き合うこともできるだけ減らし、
話す時間を減らしたら、時間はそのぶん増えたけど
やっぱり距離ができると感じる。

それも問題。

いろんなことのバランス。
本当に難しい。

だからこそ無駄を減らす努力を。
特に時間の無駄ね。

TVなし育児をやってみよう

入園式が終わり、慣らし保育も終わろうとした
4月14日のこと。

保育園から息子が39.5度の発熱をしているので
すぐに迎えに来るようお電話をいただきました。

そこから熱が下がらず看病の日々で
実は17時まで預けたのは24日(月)が初めて。
保育園には20日まで行けませんでした。

1歳の息子にとっては
保育園に行くってものすごく大変なこと。
頑張ってくれています。

ところで看病の日々の間、
私は息子に結構TVを見せていました。
トータルで3時間くらい(1日)かな。
内容は「おかあさんといっしょ」とか
「いないいないばあ」の録画です。

体を動かして遊ぶのが大好きな息子で
それは熱が出ていても、休み休みですが遊ぼうとしてしまいます。
TVで幼児番組を見せておけば
静かに座って時々歌ってくれるので
安静にしていられます。

そしてこれは本当に親都合ですが
その間家事ができるのも大助かりです。
それゆえ、「ちょっと待ってて」の時に
私はすごくテレビを頼ってしまうようになりました。

しかしこれは自分の望んでいることではなく
本当は「ちょっと待って」なんて言わず
息子と思い切り遊びたいのです。

そしてちょっと前からやってみたかった
「テレビ無し育児」に興味が湧いています。

8か月くらいまで赤ちゃんには刺激が強いと思い
天気予報以外ほとんどテレビを見せることはありませんでしたが
そのあとは少しずつテレビをつけてもいいか、となあなあになり
今では「おかあさんといっしょ」に頼りっぱなし。

GWにファミリーコンサートに参加するまでは
歌の練習のため見させますが
そのあとは少し(1か月くらい)TV無し育児をしてみようかなと思っています。

《メリット》
・1つの遊びに集中できる
・あるもので想像力を使って上手に遊べる
・親も一緒に遊ぶ機会が強制的に増える

《デメリット》
・親がちょっと疲れる
・家事は全くできなくなる

親にとってのデメリットはあっても子どもにはなさそう。

何か気づきがあれば報告したいと思います。

ママっぽいこと

息子の保育園が始まり
一緒に居られる限られた時間は
もっと「ママ」っぽくなりたいと思って

私が自分の母にしてもらったように
おやつづくりをしてみました。

牛乳は使うけれど卵は卵黄のみのヘルシープリン。
写真が荒くてまずそうに見えますが
美味しかったです。

でも息子は馴染みがないのか2口のみ。
がっかり。

諦めずに「趣味:お菓子づくり」のレベルを目指します。

祝!入園式、息子1歳クラスに

息子が昨日無事に入園式を迎えました。
私は保育園には行かず、
幼稚園も1年程度しか通っていないので
それと比べれば
息子には寂しい思いをさせているのかな、とか
いろいろ考えるとことがありますが、
保育園は(幼稚園も)やはり素晴らしい場所だと思います。

行けばいろんなお友達がいて
年齢の異なる人とも関われて
(ちゃんと年配男性の用務員さんまでいる保育園です)
多種多様な遊びや季節のイベントが用意されていて
先生方は優しく素敵な人ばかりで
栄養バランスの考え抜かれた食事やおやつが提供されて
安全で清潔で…良いところを挙げればきりがなく
これと同じことを私一人で家庭で提供できるかと考えればとても無理で
本当に保育園とご縁をいただけたことに感謝です。

自分の幼少期と比較しても
息子がちょっと羨ましと思えるほど。

とはいえ家庭でできることはしっかり家庭で行い
たくさんの人に息子と母である私を育ててもらいたいと思います。

これからおそらく5年間
息子を抱っこし、あるいは手をつなぎ通園・帰宅しながら
おしゃべりしつつ、
日々のちょっとした季節の変化を捉え
水たまりをぴちゃぴちゃしたり
近所の方にご挨拶をしたり
寄り道したり
そんな時間も楽しみたいと思います。

とにかくありがとう。

息子よ、ともに寂しいけれど、早く慣れて楽しもうね!

あれから6年

あれから6年です。
あの時まだ息子はいませんでした。
去年は産後直後で具体的な行動ができませんでしたが
今年もヨガの収益から寄付をさせていただきます。

そう。2年前私の主宰するヨガクラスで寄付したお金で
津波の到達した地点に桜の木を3本植樹しています。
まだ小さい木だと思いますが
そろそろそれらの木を見に行く計画も立てなければと思います。

写真は計画停電の初日の夜です。
不便さよりも、頑張ろう、何事も経験だと思った夜でした。



東北や被災された人のために何ができるか
自然災害の多い日本でどう生きるのが賢いのか
与えられた命をどうすれば最大限に生かせるのか
震災で深く深く考えたことは決して無駄ではなく
今も私の心と生活に生きています。
自己紹介

都内在住。既婚。
フリーライター
美容、健康、医療関係の取材、
ライティング。
ヨガサークルを企画しています。
<ヨガ>
☆町屋ヨガ部☆
毎週水曜20時~
毎週月曜11時~
各70分程度
1回1500円
どなたでもご参加頂けます。

場所や詳細はお問い合わせいただいた方に直接ご連絡いたします。
メンバー制です。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ご連絡やお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
CalendArchive
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード