日本とは思えない!奄美大島へ行ってきた!

家族で奄美大島に行ってきました!

息子に大自然を感じてもらいたくて
思い切って連れいてったのですが
やっぱり行ってよかった♩

息子は1歳半にして3回目の海。

もうすっかり波にも慣れて
自分から笑顔で波に向かい海に駆け寄って
どんどん入っていく姿は
数日経過した今もはっきり思い出せて
思い出すたびに心が満たされます♡

私は息子の笑顔が見たいんだ!
そのためにいろいろしているんだ!
そんな当たり前のことも再確認。

カニ、ヤドカリ、ウミガメ、貝殻、珊瑚、草花……
たくさんの生き物や自然界からのギフトに
積極手に手を伸ばし、触れたり、舐めたり(1歳児なので)
とにかくちゃんと感じてコミュニケーションしている息子。

風や太陽や月や星もしっかり感じてくれて
時にはパパやママが気づかないことも教えてくれます。

学校の成績なんて本当にどうでもよくて
とにかく「自然」と遊べる人になってほしい。

自然を感じて感謝できれば孤独になることはないと思うから。
私自身がそのことを思い出します。

息子のおかげで今年は北海道に続きたくさんの場所に出かけています。
男の子ママの洗礼で
私も「虫」や「泥」や「汚れ」がへっちゃらになってきた!

行きたいと思えば、どこにでも行ける状況と環境にも感謝。
IMG_8736_convert_20171002091126.jpg

私自身も少しの間ですが仕事からすっぽり離れ
家族とだけの時間をどっぷり過ごせたことで
ずっと笑顔でいられました。

大好きな家族の笑顔を守るために
まずは私自身の笑顔を守ることが大切ですね。
スポンサーサイト

佐々木正美先生

自分の年齢やその時のテーマや
集中して学びたいことが
私の本棚に如実に現れる。

例えば解剖学の事ばっかりの時もあるし
ある人の小説ばっかりの時もあるし
レシピ本ばかりが並ぶこともある。

今はまっているのが
佐々木正美先生の本。

子育てをしたことのある人はみんな通る道なのかな?

自分が子どもを持つまで存じ上げませんでしたが
有名な先生で「子ども」の超プロです。
先生のどの本を読んでも学びや発見があり
すぐに子育てや育児に活かせます。

先生の子どもへのまなざしがとても優しいのは言うまでもなく
大人にも優しくそれが嬉しいところ。

図書館で先生の本を大量に借りてきて
勉強させてもらっています。

「子育てが上手くいかないと感じている人は
 どこかで人間関係の作り方を間違えているのかも」

という一節がありました。次のようなくだりも。

***********************************************************************

自分の生い立ちの中で
近所の子供達や歳の離れた兄弟が成長する姿を見たり
周囲の大人に助けられながら子が育つ姿を身近に見てきたことで
「みんなやってるから私にもできる」という安心感が作られ
子が育つ過程で両親、祖父母、兄弟、近所に人が必ず助けてくれる、
そんな人間関係を見てきたからこそ
昔の人は鷹揚な気持ちで「私にもできる」と思えたのでは。

**********************************************************************

私の場合、上記のような環境が全く当てはまりませんでした。
小さい子どもなんて、出産するまで見ることも触ることもほとんどなかった。
ペットを飼ったこともあまりないので
動物の赤ちゃんの成長プロセスすらろくに体験していない。

自分自身の成長も親と学校の先生以外の大人はほとんど関与していないし
祖父母や親戚や近所の大人に助けられたこともなければ
助けを求めることもなかった。

私の育児に対する不安の根源はここにあるのかもしれない。
なんとなくそう思います。
でもなんとなくでも原因がわかるとほっとする。

そんな私が育児をしているのだから、
手探りで仕方ない、不安で当たり前なんだと妙に納得。

堂々と初心者を名乗り、息子に育ててもらうしかない。
息子に母にしてもらえばいい。改めてそう思います。

私の言うことを聞かせようと思わず、息子の言うことを聞いてあげる。

それが今大事にしている私なりの育児です。

IQよりもEQ。

子育てをしていてつくづく思うのだが
やっぱりいい大学やいい高校を目指すより
つまり勉強ができる人より
人間として愛される人になって欲しいと心から思う。

学歴は本当にどうでも良い時代になった。

息子が社会に出る頃には
今ある仕事の半分以上がなくなっている。

だからこそ人から必要とされる人間になるしか
生き残る道はない。

すでに私だってそう感じている。

40代になって同級生を見渡すと
はっきり言って人生にだいぶ差がついている。

学歴が高かった人
夢に向かって努力をしてきた人でさえ
好きな仕事ができていなかったり
仕事で評価されなかったり
収入が不安定だったり
パートナーに恵まれなかったりなんてことは
別に珍しくもなんともない。

その一方で
勉強もそれほどできず
大きな夢があったわけでもなく
死ぬほど努力なんて経験がない人でも
普通に良い生活をして幸せだったりするケースも多い。

勉強ができて努力もできるのに
どうしてそれが実を結ばなかったのか。

それはもう絶対「謙虚さがなかったから」だと
この歳になると気づくはず。

なんでもできるゆえに傲慢だった。
優しさが足りなかったのではないか。


結局、学歴や努力の量より
人として愛されることや助けてもらえることの方が
生きる上でずっと大切なこと。

そこさえちゃんとしていれば
むしろ簡単に幸せになれるのに
傲慢さに気づくタイミングを見失うと
人生をこじらせてしまう。。。

基本的な知識は身を助けるし必要だけれど
やっぱりEQなんだと思う。

ちなみにEQは幼少期にしか育たないなんて説も。

身につけておきたいEQ

■好奇心(新しい知識や経験を追い求める)
■勤勉性(真面目に物事に取り組み、努力する)
■コミュニケーション力(積極性に富み、交渉なが円滑に進む)
■協調性(仲間と協力し、共感できる)
■セルフコントロール(精神を安定させ、緊張や逆境に強い)

息子に引っ張られながら、ママもEQ高めようと頑張ってます。

メルカリ読書感想文売買について思うこと

メルカリには主に売る方で
ちょいちょいお世話になっているので
サービス自体はまぁ良いと思うけれど

読書感想文を売ろう!
読書感想文を買おう!

という発想が私にはないので
時代を感じる。

試しにメルカリ上を調べてみたら
すでに相当数がやりとりされていて
一般的な課題図書も網羅されている。

ワードで書かれた原稿がほとんどだから
学校側が手書きで提出をルールにすれば
解消されそうな問題だけど
そもそもメール提出可、とかそういう時代?

そして一体どういう人が買っているのか?

一説によると仕事が忙しくて
子どもの宿題に付き合えない人らしい。

私なんて子どもの夏休みの宿題を
今から楽しみにしてるというのに。

いや、私も時間はないし主婦でもない。

でも小学校の夏休みの宿題
私自身そんなに嫌じゃなかった気がする。
(私優等生だったのか?)

粘土で工作したり
早朝から朝顔の観察日記つけたり
ビンの中にアリの巣を作りスケルトン観察したり
じゃがいもからデンプンを取り出す研究したり
楽しかったけどな。

息子が小学生になった時
私も夏休みはまるっと休めるよう
いまから働き方を変える準備を進めてる。

その頃も「息子の夏休みが楽しみ!」といえる
母でありたいなぁ…


ライオンゲートから新月の変化。

やばい!
1ヶ月もブログを放置してしまった💦
ブログやめてません。

誕生日からの1ヶ月

北海道旅行
海水浴@大洗
コンサート
お祭り
プール
遊園地


などなど子どもがいると
これでもか!と、イベントが目白押しで
遊び倒してます。
(仕事もしてますが)

そして、ライオンゲートっていうんですか?
8月8日の満月から
(私は大洗の海に浮かぶ満月を見て過ごしたのですが)
昨日の8月22日の獅子座新月は
生活は変わらなかったけど
私自身の変化がすごくて辛かった。
突然望みもせずにそうなったので
勝手に天体のせいにしてます。

とにかく自分を変えたくて
自分をたくさん見つめて
すごい数の本を読みました。

なんとなく方向性見えてきました。

年内12月31日までに
自分を完全に変えます。
変える予定です。

楽しみだ!

お誕生日

本日。

41歳のお誕生日を迎えました。
まずは産んで育ててくれた両親と
ともに育ってくれた弟に。

ありがとうございます。

**************

昨年40歳の誕生日。

「とにかく一人になりたい」が
私の望んでいたこと。

産後4ヶ月で
慣れない育児と仕事の両立に
頭がほとんど働いてなくて
今思い出しても記憶が無い……

同じように連休だったから
旦那に頼んで熱川の部屋に温泉の付いてる旅館で
息子を初外泊させ3人の初宿泊旅行を決行!

それはもちろん素敵な思い出だけど
夜泣きを含めベビーとの初旅行のストレスは
当然無いわけではなく…

旅行翌日の誕生日当日は
旦那が私に「一日時間」をくれて
一人でスーパー銭湯&エステへ……
ほぼ寝ていて記憶にないが
睡眠を取れた安堵で幸せだった♡

そしてあの時は確かに思った!

来年も再来年も
誕生日プレは「時間」がいいと!!

来年はホテルのスイートをプレしてもらおうと!


が、しかし。


今年は誕生日が近づいても
まったく一人になりたいスイッチ入らない……

なぜだ???

************

結局今日は普通に3人で
地元のプールに行き昼寝をして公園で遊び終了。
41歳おばさんめっちゃ日焼け…


すごい。

私すごい。


こんなにもスペシャル感のない誕生日に
心からの満たされ感を感じている♡
なんて幸せなんだ♡♡もはや泣きそう…

「家族時間」

これまではお誕生日といえば

幼い頃の「ザお誕生日会」からはじまり
ディズニーランド、高級レストラン、
旅行、エステなどでお祝い…っていうのが
当たり前になっていたけど…

もうそんなことがどうでも良いとは言わないが
この当たり前の日常の有り難さ
家族の笑顔
これこそが私のプレシャスで
プライスレスなかけがえのないもの。

家族が一番……

これまでも口では言っていたし
頭でも理解していたし
この言葉に嘘はなかった。

でも本当に心から。
家族と自分の家が好き♡


好きな場所で好きな人と好きな仕事をして暮らせる毎日があること。


わがままで自己中でサボり癖があり
どこまでもダメ人間な私が
どこでもドアを使わずここまでま来れた。

奇跡か!

もちろん自分の力ではなく
出会ってくださったみなさんの人の力で。

おめでとうの言葉をもらうより
ありがとうを言いまくりたい!!

人生折り返してますが、
ここからどれだけ皆様に恩返しできるか。

私、そこ、本当にちゃんと頑張ります!

小さい目標は
息子のために全力でアンチエイジングです!

最後に。
ここまで私を見捨てず諦めず育ててくれた
旦那さんありがとうございます。

子どもがいると昼がピーク

ランチデート
ってほどでもないけれど
息子くんがベビーカーでお昼ねしている間に
旦那とステーキをがっつり♡

むふふ。
ビールも頼めばよかったかな、と思ったけれど
起きた息子と万全体力で遊ぶために控えるなんて、
私は立派なママなのだ♪

それにしても息子。このクソ暑い中
なぜベビーカーより抱っこを求めるのだろうか。
息子だって髪の毛ぐっしょりですごく暑そうなんだが。

私もおかげで下着が透けるほど汗をかいてる。

もしかして痩せるかな?
新しいダイエットだと思って耐えよう。

より少なく、でもより良く!

エッセンシャル思考の中で
いくつか響いた文章があったので
自分メモ。

「できる」せいで「やらなくては」が増えるとストレスになる。

これはものすごい実感する。

気合いを入れてご飯やお弁当を作ること
少し過剰かもしれないけどオーダーされたから仕事を受けること
隙間時間で掃除をしたりネットで買い物を済まそうとすること
きになることを調べること

こういうちょっとした「できる」が重なり
そのまま「todo」になって
余白の時間がなくなって
メインでやるべきことが後回しになったり
疲れたりチグハグになったり。

「できる」は決して「やらなければ」とイコールではないし
「できる」は決して「必ずすべきこと」でもない。

必ずすべきこと以外はそぎ落とす。

より少なく、でもより良く!

年間の旅費(レジャー費)の計算

結婚してもうすぐ8年。
出会って13年(長い!!)。

二人とも仕事しているし
長く子どもがいない生活をしていたので
これまですごく自由にしょっちゅう旅行をして
そのお金が年間いくらくらいなのか
全く考えずに使っていた(汗

とはいえそこまで贅沢をしていたつもりもないし
忙しくて長期の休みは取れず(取らず)
海外にもほとんど行っていないから
ざっと振り返っても
年間で70万くらいだろうか。
(夏の旅行に30〜40万、年末年始に10万はかけていた)

去年は産後間も無く
旅行は大きいところで宮古島くらい。
年末の旅行もなかった(そのあと1月中旬に振り替えで行ったけど)。

でも今年からまた色々復活させようと考えていて
久しぶりの海外!と思って色々調べたけれど
やっぱりテロが気になるのと
トランプになってからどうもアメリカは入国が面倒なニュースが多いのと
日本が一番行きたいところが多いのとで無理せず国内に決定。

7月末に北海道。
9月末に奄美大島(いずれも予約済み)。

この2本をメインに
秋に那須、そして年末年始、で今計画中。

これからも家族の中で
「旅行」はすごく大事な時間で
コストをかけたいところだと思うから
予算を組もうと思うようになった。

家族旅行費を必要経費と決めて
(誰になんと言われようと節約&ケチケチするつもりなし!)
最初から予算を組んでおいた方が無駄遣いしないし
計画も立てやすいからそうしたいだけ。

100万/年だと海外も当然視野に入る。
とはいえ貯金もしっかりしたいから
やっぱり70万くらいが平均(相場)なのだろうか。

相場が知りたくてググる。
総務省の発表だと10万/年(嘘でしょ)。
知恵袋だと100万〜160万とかも出てくる。

参考にならないな。

価値観の問題だろうな。

私たちの場合、高級車を持つ予定はないし
今より高いところに住み替えしたいというアイディアもない。
生活はあくまでシンプルかつミニマムで。
でもイベントや心を豊かにする
学び、読書、映画、旅行、食事には
お金をかけたいと思っているし
そのために働いていると言ってもいいくらい。

自分たちにピッタリの年間レジャー費の計算は難しいけれど
自分たちにピッタリの旅や暮らしができるように
仕事もそれ以外もしっかり頑張ろうと思う。
健康じゃないと旅も楽しめないしね。

エリックカール展!

息子とパパと行ってきました
エリックカール展!

うっとりするイラストと
若冲を思わせるカラフルな色彩

何度読んでも感動や発見のある
かわいいストーリー

さりげなく知育になるのも◎

子育てで楽しいことの一つが
息子と一緒に絵本を読めること♡

世界が楽しいものだらけだと改めて気づきます。

自己紹介

都内在住。既婚。
フリーライター
美容、健康、医療関係の取材、
ライティング。
ヨガサークルを企画しています。
<ヨガ>
☆町屋ヨガ部☆
毎週水曜20時~
毎週月曜11時~
各70分程度
1回1500円
どなたでもご参加頂けます。

場所や詳細はお問い合わせいただいた方に直接ご連絡いたします。
メンバー制です。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ご連絡やお問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
CalendArchive
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード